農業クラブ活動

   ホーム  >  農業クラブ活動 [ 農業クラブとは ]
 農業クラブとは

農業クラブとは

 FFJはFuture Farmers of Japanの略で、日本学校農業クラブ連盟のことです。全国の農業科や総合学科に学ぶ11万人の高校生の全国組織です。
 FFJのいろいろな活動をとおして、「科学性」「社会性」「指導性」を高め、農業はもとより、幅広い産業分野で活躍できる優れた資質を身につけるよう自主的・自発的に活動を行っています。

 

発表会・競技会

 

 各種発表会、競技会は校内予選、県大会、九州大会、全国大会へと繋がっていきます。この大会は“農業高校の甲子園”といわれ、全国の農業高校生から約3500人の生徒が集います。

 

プロジェクト発表会

 発表区分

  【食料・生産、環境、文化・生活】

プロジェクト発表会は、日頃のプロジェクト活動の成果を発表し、クラブ員の科学性を高めるとともに、専門的な能力や態度を高めることを目的とする。

意見発表会

 発表区分

  【食料・生産、環境、文化・生活】

意見発表会は、クラブ員の身近な問題や将来の問題について抱負や意見を交換し、主体的に問題を解決する能力と態度を養うことを目的とする。

平板測量競技会

平板測量競技は、教科の学習や学校農業クラブ活動を通して得た測量技術の成果を発表し、その実力を競い合い、職業的能力を高めることを目的とする。

農業鑑定競技会

 実施区分

【農業、園芸、畜産、生活科学、食品科学、農業土木、林業、造園、農業機械】

農業鑑定競技会は、教科の学習や学校農業クラブ活動で得た農業に関する知識・技術の成果を鑑定・判定・診断・審査技術にわたり、その実力を競い合い、職業的な能力を高めることを目的とする。

農業情報処理競技会

農業情報処理競技会は、教科の学習や学校農業クラブ活動をとおして得た情報処理に関する知識、技術を競い合い、専門的な能力を高め、農業クラブ員としての資質や、技術の向上を図ることを目的とする。

農業機械技術検定競技会

 *福岡県独自

農業機械技術検定競技会は教科の学習や学校農業クラブ活動で得たトラクタ実技・実物鑑定・機械に関する筆記基礎にわたり、その実力を競い合い、職業的な能力を高めることを目的とする。

各学校より5名まで参加可能(+オープン2名)

 

FFJの歌

FFJシンボルマーク

 FFJのマークは、我らのシンボルとしてバッジや連盟旗に使われている。鳩は平和と協同を表わし、富士山は日本を 表わし、稲穂は日本の農業を表わしている。

 

みのる稲穂に 富士と鳩
 愛と平和を 表した
旗はみどりの 風に鳴る
 土に取りくむ 若人の
意気と熱とが もり上げた
  FFJ  FFJ  われらの誇り

北に南に わきあがる
 自主と自由の 情熱が
むすび花さく クラブこそ
 学徒われらの 行く道を
照らす光だ よろこびだ
 FFJ FFJ われらの理想

香る大地に がっちりと
 学と行とを 両の手に
伸びるいのちの 逞しさ
 明日の日本の 農業に
若い息吹きを 吹き入れる
  FFJ FFJ われらの希望

 

 

美しい未来へ

新しいシンボルマーク 鶴翼の飛翔(2000年制定)

 平成12年、FFJ50周年を記念し、新しいシンボルマークとさだまさし補作詞・作曲の新テーマソング「美しい未来へ~Future Farmers of Japan~」が発表された。

 

今 私は立つ ふるさとの大地
 今 夢に見る 地球の未来
土を起こせ 種をまけ
 永遠の花畑を この手で築け
FFJ FFJ FFJ
 さあ 手をつなごう 友と

今 語り合おう 父や母のこと
 今こそ 残そう 緑の地球
木を植えよう 夢を育て
 豊かな森を水を この手で守る
FFJ FFJ FFJ
 さあ 夢を継げ 明日へ

今 私は翔ぶ 平和のために
 今 はばたく 仲間たちよ
子ども達に 伝えよう
 美しい この国を そしてこの星を
FFJ FFJ FFJ
 さあ 感動へ 旅立とう
    さあ 美しい 未来へ

 ホーム